日銀が1日発表した9月の企業短期経済観測調査(短観)は、最近の景況感を示す業況判断指数(DI)が大企業製造業で6月の前回調査から4ポイント上昇のプラス18だった。5四半期連続で改善した。2018年12月以来の高い水準。世界的な新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けたものの、海外需要が輸出や生産の追い風となり、景況感の改善が続いた。

 半導体不足や東南アジアでの感染拡大で自動車部品の供給が滞る影響があったものの、国際的な原材料価格の上昇が素材関連の業種などに恩恵となった。3カ月後の先行きは、4ポイント下落のプラス14を見込んだ。