【北京共同】朝鮮中央通信は1日、北朝鮮の国防科学院が新たに開発した対空ミサイルの発射実験を9月30日に行ったと報じた。国防科学院は「非常に実用的な意義を持つ実験だった」と評価した。北朝鮮が発表したミサイル発射は9月だけで4回。研究途中の兵器の実験も公開し、同時並行で多様な開発が進んでいることをアピールしている。

 金正恩朝鮮労働党総書記は同月29日の最高人民会議(国会)での施政演説で、新兵器が「著しく速い速度で開発されている」と述べていた。

 国防科学院は「驚くほどの戦闘的性能が検証された」と表明した。