中日の新人合同練習が9日、ナゴヤ球場で始まり、ドラフト1位の高橋宏斗投手(愛知・中京大中京高)がプロ野球生活の第一歩を踏み出した。ランニングなど軽めのメニューをこなし「すごく楽しみにしていた。しっかり準備して来た。緊張感もあっていい環境の中で練習ができた」と充実感をにじませた。

 キャッチボールは「60パーセントぐらい」で投げたというが、力強い速球を披露。大器の片りんをのぞかせ「2月1日のキャンプインに全力で投げられるように」と意欲を見せた。