新型コロナウイルスの感染急拡大が続く京都、大阪、兵庫3府県の知事は9日、西村康稔経済再生担当相とオンラインで会談し、新型コロナ特別措置法に基づく緊急事態宣言の再発令を要請した。西村氏は会談後、記者団に「宣言が視野に入る極めて厳しい状況だ」と強調したが、発令については「3知事と状況を確認しながら、専門家の意見を聞いて検討する」と述べ即断を避けた。

 大阪府の吉村洋文知事は会談後の取材に「宣言を出すべき状況との認識は変わらない。14日から2月7日まで首都圏と同じ措置を取る」と述べた。大阪市内の飲食店に対する時短営業要請を府内全体に拡大する。