【ロサンゼルス共同】米大リーグ、ドジャースを20年以上率いた名監督、トミー・ラソーダさんが93歳で死去したことを受け、野茂英雄元投手は8日、球団アドバイザーを務めるパドレスを通じ「元気で退院されたと聞いていたので、すごいショックです。感謝しても感謝しきれない方です」と追悼した。

 ラソーダさんは、野茂さんがプロ野球近鉄から1995年にメジャーデビューした時の監督。日本選手のパイオニアを「息子」と受け入れ、新人王や2度のノーヒットノーランといった活躍への道筋をつくった。

 野茂さんの女房役として知られるマイク・ピアザさんは「僕を信じてくれた」と感謝を伝えた。