【ニューヨーク共同】米短文投稿サイトのツイッターは8日、トランプ米大統領のアカウントを永久に凍結したと発表した。トランプ氏が8日の投稿で、20日のバイデン次期大統領の就任式に出席しないと表明したことなどを踏まえ、暴力をさらに扇動するリスクがあるとして、最も厳しい措置に踏み切った。

 トランプ氏は声明で「ツイッター社は表現の自由をどんどん圧迫している」と非難した。

 また米グーグルは8日、運営するアプリ市場でトランプ氏の支持者らが使用する会員制交流サイト(SNS)アプリ「パーラー」の配信を停止したと明らかにした。暴力を扇動する投稿が続いているためという。