【ワシントン共同】米国のバイデン次期大統領は8日、経済分野の政権人事を発表し、計24人の閣僚の指名発表を終えた。バイデン氏は「内閣は初めて男女同数となる」と述べ、女性の積極登用をアピールした。人種面でも過半数が非白人になるとし、米社会の多様性を政権の顔ぶれに反映させたと強調した。

 バイデン氏は主要な経済閣僚に女性を重用。財務長官にイエレン前米連邦準備制度理事会(FRB)議長を充て、米通商代表部(USTR)には中国の貿易問題を熟知する女性弁護士のタイ氏を指名。商務長官も女性州知事を起用する。