政府は8日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されるまでの間、全ての入国者らに対し、出国前72時間以内の検査証明を求め、一部免除されていた入国時の検査も全員に求める水際対策強化策を発表した。

 72時間以内の検査証明の要請や入国時の検査はこれまで、2国間で合意している一部のビジネス関係者らに対し14日間の待機などを条件に免除する特例措置があったが、今後は求める。帰国する日本人らも全員対象となる。提出できない人には待機を求め、入国3日後に検査を行う。

 検査は9日から。72時間以内の検査証明は13日以降の入国者らから求める。