【ベルリン共同】米製薬大手ファイザーは8日、ドイツのバイオ企業ビオンテックと開発した新型コロナウイルスワクチンについて、英国と南アフリカで見つかった変異種にも効果があるとの1次試験結果を公表した。ファイザーと米大学がコロナ患者20人の血液を使って試験し、変異種に対して95%の効果を示したとみられるという。欧米メディアが伝えた。

 今回の結果は外部の専門家のチェックを受けておらず、さらなる情報や確認が必要になると指摘されている。欧米では昨年12月、高齢者を中心にファイザーのワクチン接種が始まった。