【テヘラン共同】イランの最高指導者ハメネイ師は8日のテレビ演説で、米国や英国で製造された新型コロナウイルスのワクチンの輸入を禁止すると表明した。「米国や英国は全く信用できない」とし、国産ワクチンの開発を進める考えを示した。

 ハメネイ師は「もし米国が効果的なワクチンを製造できるのであれば(多数の死者が出るような)災難は起きていない」と主張し「他国でワクチンの試験をしようとしているのかもしれない」と不信感をあらわにした。「英国も同じだ」と述べた。

 同師は国産ワクチンについて「臨床試験が進んでおり、成功するだろう」との見方を示した。