大阪府は8日、654人が新型コロナウイルスに感染し、60~100歳代の男女19人が死亡したと発表した。感染者は3日連続で過去最多を更新し、府で1日に確認された死亡者数も最多となった。

 基礎疾患のない20代の男性1人を含む11人が重症。重症者数は168人、確保した病床の使用率は71・2%で7日と同じだった。陽性率は9・0%。新規感染者の約6割が感染経路不明だった。高槻市の高槻赤十字病院と東大阪市の恵生会病院などで新たにクラスター(感染者集団)発生を認定した。

 府内の1日当たりの新規感染は昨年末まで300人程度で推移していたが、今月に入り急激な増加に転じた。