阪神で先発枠入りを目指す藤浪晋太郎投手が8日、甲子園球場に隣接する室内練習場で練習を公開し、ランニングなどで約2時間半、みっちりと汗を流した。「ローテーション争いは熾烈。結果を出すしかない。しっかり仕上げて2月に入れるように近々、投球練習もすると思う」と引き締まった表情でオンライン取材に応じた。

 昨季は配置転換された中継ぎで腕の振りに鋭さを取り戻し、先発に戻った終盤は好投を重ねた。球団が韓国で昨季最多勝に輝いたアルカンタラ、前ロッテのチェンで先発陣を補強した中、「これだったら藤浪を使いたいと首脳陣に思ってもらえるように力強さをアピールしたい」と話した。