東京都の小池百合子知事は8日の定例記者会見で、都内の新型コロナウイルスの感染状況について「これまでと異なるステージに入った。違う局面だと認識してほしい」として外出自粛の徹底を改めて強く都民に要請し、9日からの3連休は「ステイホームでお願いしたい」と述べた。

 都内は8日から緊急事態宣言の対象期間に入った。小池氏は感染者数の減少目標について、西村康稔経済再生担当相が国会で宣言解除の目安とした1日当たり500人を挙げ「念頭に置いて目指していきたい」とした。

 人の流れや接触機会を抑えるため「今回の緊急事態宣言の肝はテレワークをどこまで徹底できるかだ」と強調した。