不倫問題で昨年末まで活動停止処分を受けていた競泳男子の瀬戸大也が、復帰戦として2月4~7日に東京アクアティクスセンターで開催されるジャパン・オープンにエントリーした。8日、関係者が明らかにした。出場すれば、昨年9月以来の実戦となる。

 東京五輪代表権を得ている200mと400mの個人メドレーに加え、日本記録を持つ200mバタフライにも登録した。新たな所属先は調整中だが、今大会は「Team Daiya」として出場する。

 瀬戸は昨年9月、夫人でない女性とラブホテルに入ったとの週刊誌報道を認め、謝罪。日本水連から2020年いっぱいの活動停止などの処分を受けた。