ニール・シーハン氏(ベトナム戦争を巡る米国防総省の秘密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」を入手したジャーナリスト)米紙ニューヨーク・タイムズによると7日、米首都ワシントンの自宅でパーキンソン病の合併症により死去、84歳。

 36年、米東部マサチューセッツ州生まれ。特派員としてベトナム戦争を取材し、71年にはニューヨーク・タイムズの記者として「ペンタゴン・ペーパーズ」を入手、米国のベトナム介入の内幕をスクープした。ベトナム戦争を描いたノンフィクション「輝ける嘘」(88年)ではピュリツァー賞と全米図書賞を受賞した。(ニューヨーク共同)