宮城県柴田町の住宅で昨年9月、住人の毛利哲雄さん(74)が殺害され妻(70)も負傷した事件で、県警は8日までに、殺人と殺人未遂の疑いで宮城県山元町の会社員岩見尭明容疑者(27)と愛知県岩倉市の土木作業員森満容疑者(45)を逮捕した。

 宮城県警によると、岩見容疑者は毛利さんの40代の長男と以前遊び仲間で、金銭トラブルになっていた。両容疑者は当初面識はなく、会員制交流サイト(SNS)で知り合ったという。事件に至る経緯や動機を調べる。

 事件は昨年9月11日夜に発生。毛利さんが自宅で左脇腹付近などを刺されて死亡。妻も左肘に切り傷を負った。