聖徳太子(574~622年)が没して1400年目の今年、太子の名前が町名の由来になっている大阪府太子町で、住民らが秋の記念像設置を目指し、1千万円の寄付を募っている。3万円以上の寄付者は、台座の銘板に氏名が刻まれる。

 町内の叡福寺には、太子を祭る廟がある。住民らは、十七条憲法の制定や遣隋使の派遣といった功績を発信するため、町に隣接する大阪府羽曳野市の近鉄上ノ太子駅前に像を設ける計画。像の高さは約1・8メートルで、台座を含めれば約3メートルになる予定だ。

 寄付に関する問い合わせは太子町観光産業課、電話0721(98)5521。