【ワシントン共同】米連邦議会は7日、民主党のバイデン次期大統領、ハリス次期副大統領の大統領選当選を正式認定した。共和党のトランプ大統領は声明で「秩序だった政権移行」を約束し、政権が終わると表明した。上院2議席の決選投票は民主党が全勝し、上下両院で主導権を握った。バイデン氏には追い風となったが、米社会の分断は深刻で20日の政権発足は前途多難の船出となる。

 上院議長を兼務するペンス副大統領は上下両院合同会議で「暴力に勝利はない」と述べ、トランプ氏支持者による議事堂占拠を厳しく批判。占拠時、警察に銃で撃たれたトランプ氏支持者の女性1人を含む計4人が死亡した。