オリックスのドラフト1位、山下舜平大投手(福岡大大濠高)ら育成を含む新人7選手が7日、大阪市内の選手寮に入った。山下は「これからたくさん野球ができるのがとても楽しみ」と明るい表情で語った。

 150キロ超の快速球を誇る、スケールの大きな右腕投手。「いろいろな経験をしてたくさん学んで、毎日一生懸命頑張りたい」と目を輝かせた。

 ドラフト2位の元謙太外野手(岐阜・中京高)は「練習に励み、できるだけ早く日本一に貢献できるようにしたい」と意気込んだ。

 9日から新人合同自主練習が始まる。