【北京共同】中国政府は7日、新型コロナウイルス感染症の新たな発症者を6日に63人確認したと発表した。日本や欧米に比べ増加数は少ないが、発症者が集中した河北省石家荘市の当局は中央政府のプレッシャーを受け、一部地域の封鎖や全市民PCR検査といった厳戒態勢に踏み切った。

 新たな発症者のうち50人は河北省の省都、石家荘市で見つかった。同市は5日にも発症者を19人確認。結婚披露宴などで感染が広がったとの見方が出ている。5日、北京から中央政府の衛生部門トップが河北省入りして対策の徹底を指示した。

 発症者が増えるたびに幹部が処分され、地方政府は神経をとがらせている。