東京五輪のソフトボール女子日本代表候補で、日本リーグのビックカメラ高崎に太陽誘電から移籍した藤田倭(30)が7日、オンラインで入団記者会見に臨み「強いチームにいて、自分がもっと変われるんじゃないかと期待している」と決断の理由を語った。ビックカメラ高崎は昨季までリーグ2連覇の強豪。藤田は投打の「二刀流」としても注目されている。

 会見に先立って群馬県の高崎市ソフトボール場で初練習を行い、ソフトボール界を長年けん引する上野由岐子(38)と体を動かした。目標とする上野と共にプレーしたいという思いもあっただけに「たくさんのことを吸収していきたい」と話した。