日本ハムの上沢直之投手が7日、2年ぶり2度目となる開幕投手に名乗りを上げた。千葉県鎌ケ谷市の球団施設で練習した後に取材に応じ、「狙いたいというか、自分がやらないと駄目かなと思う。目指してやっていきたい」と力強く語った。

 左膝の骨折から復帰した昨季は15試合に登板してチームトップに並ぶ8勝(6敗)を挙げ、防御率3・06をマーク。だが、チームは2年連続で5位に終わり「優勝するためには最多勝に絡んでいかないと。15勝くらいしないと見えてこない」と自己最多の11勝を上回る目標を掲げた。

 有原航平の米大リーグ、レンジャーズ移籍が決まり、かかる期待はより大きくなる。