【ロサンゼルス共同】プロ野球巨人の菅野智之投手(31)はポスティングシステムによる米大リーグ球団との移籍交渉が日本時間8日午前7時に期限を迎える。

 巨人の生え抜きとして初めて同制度を使った菅野はかねて大リーグでの評価が高く、ブルージェイズ、レッドソックス、ジャイアンツ、エンゼルスなど複数球団が移籍先に取り沙汰された。年明けには交渉に備え、渡米した。

 一方で今オフの大リーグの移籍市場は各球団の経営難で冷え込み、有力候補メッツの撤退が報じられるなど期限まで1日を切っても合意の発表はなかった。巨人からは毎シーズン後に破棄できる4年契約の提示を受けたという。