プロ野球ヤクルトは7日、村上宗隆内野手(20)が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性と判定されたと発表した。自主トレーニングで宮崎県内に滞在していた6日朝に38・2度の発熱と倦怠感があり、病院で検査を受けた。宿泊中のホテルで療養している。

 ともに練習をしていた青木宣親外野手(39)、西浦直亨内野手(29)、塩見泰隆外野手(27)、宮本丈内野手(25)、中山翔太外野手(24)が濃厚接触者と認定され、ホテルで隔離されている。既に東京に戻ったチームスタッフ1人は、自宅で自主隔離している。