【ニューヨーク共同】米プロバスケットボールNBA、ウィザーズの八村塁は6日、敵地フィラデルフィアでのセブンティシクサーズ(76ers)戦に先発出場し、24分9秒プレーして8得点、2リバウンドだった。チームは136―141で敗れ、2勝6敗となった。

 流行性角結膜炎で開幕から4試合欠場した八村は4戦連続で先発したが、2桁得点は3試合連続で途切れた。

 ラプターズとツーウエー契約の渡辺雄太は敵地でのサンズ戦に途中出場で15分54秒プレーし、3点シュート1本を成功させて3得点した。チームは115―123で敗れ、1勝6敗。