全国知事会長を務める飯泉嘉門徳島県知事が、昨年12月16日に徳島市内で同県議ら約20人との会食に参加したことが、7日分かった。飯泉氏は、徳島県では会食の人数制限をしていないことを理由に「(新型コロナウイルスの)感染対策を行って実施されたことについては問題がない」としている。

 県などによると、会食は県議会会派「新風とくしま」が主催し、飲食店で約2時間行われた。数人の県幹部も出席。参加者は手指消毒したり、食事中以外はマスクを着けたりしていたという。

 飯泉氏は、自民党県議ら数十人と12月4日に会食したことが、同月下旬に明らかとなった。