任期満了に伴う岐阜県知事選が7日告示され、元内閣府官房審議官の新人江崎禎英氏(56)、元教諭の新人稲垣豊子氏(69)=共産推薦、元県職員の新人新田雄司氏(36)、5選を目指す現職古田肇氏(73)の無所属4人が届け出た。24日に投開票される。

 岐阜県で支持層が厚い自民党県連では、所属国会議員の大半が古田氏を支持する一方、県議の半数が江崎氏を支援しており、岐阜県知事選で1966年以来の保守分裂選挙になった。立憲民主、公明、国民民主各党は自主投票とした。

 新型コロナウイルス対策や古田氏による4期16年の県政運営、多選の是非が争点になる。