国内で6日、報告された新型コロナウイルス感染者は6004人で、初めて6千人を超え、2日連続で最多を更新した。5日と比べて千人以上増えており、爆発的増加の様相だ。東京1591人、神奈川591人、埼玉394人、千葉311人と、緊急事態宣言の検討対象とされる1都3県だけで半数近くを占めた。菅義偉首相は感染者数の増加を抑えるため、静かな年末年始を過ごすように求めていたが、効果は表れておらず、医療現場は限界に達している。

 厚生労働省に助言する専門家組織は6日、「大都市での感染を抑制しなければ、地方での感染を抑えることも困難だ」と強調した。