滋賀県彦根市は6日、市のキャラクター「ひこにゃん」宛てに1万1471通の年賀状が届いたと発表した。5日時点で47都道府県のほかドイツや台湾など四つの国・地域から届いており、さらに増える見通し。

 6日午後、国宝・彦根城でのお披露目会で、ひこにゃんは年賀状の山を前に、スカーフに付いた鈴を鳴らして喜んだ。市の担当者によると「今年は会えたらいいな」とのメッセージや、疫病をはらうとされる妖怪「アマビエ」とひこにゃんのイラスト付きの他、「コロナ滅殺」と書いた紙が貼られた手作り羽子板も届いた。

 連絡先が分かる人には、彦根城の招待券付きはがきで1月下旬をめどに返信する。