急速に発達する「爆弾低気圧」や強い寒気の影響で、7日から9日ごろにかけて北日本から西日本の日本海側を中心に暴風雪の恐れがあり、国土交通省と気象庁は6日、車の立ち往生といった交通障害や路面・水道管の凍結、落雪や停電、倒木に警戒を呼び掛けた。

 太平洋側も山地を中心に大雪となり、平地でも雪が積もる恐れがある。

 気象庁によると、低気圧が7日から8日朝にかけて日本海から北日本を通過した後、9日ごろにかけて上空に寒気が流れ込んで強い冬型の気圧配置になりそうだ。7日から全国的に風が強まり、特に同日夜は東北の日本海側で非常に強まる。海は大しけになる見通し。