記録的大雪に見舞われた秋田県横手市で6日、県からの災害派遣要請を受けた陸上自衛隊秋田駐屯地(秋田市)の隊員約100人が、住宅や学校などの除雪作業に当たった。

 市立十文字中学校では午前9時ごろから1時間半かけて、隊員と学校職員、生徒が協力し、約1・2メートル積もった駐輪場を除雪した。山本伸洋教頭は「7日から再度豪雪が予想されており、屋根がつぶれるのではないかと心配していた。自衛隊が来てくれて非常に助かった」と胸をなで下ろしていた。

 気象庁によると、横手市の観測点では6日午前2時にこの日の最深積雪166センチを観測。佐竹敬久県知事は陸自に出動を要請していた。