加藤勝信官房長官は6日の記者会見で、陸上自衛隊の輸送機オスプレイを巡り政府が佐賀空港(佐賀市)に代わる配備先の選定に着手するとの一部報道を否定した。「恒久的な配備先として佐賀空港が最適だという考え方に変更はない。代替地の選定に着手する方針を決定した事実はない」と述べた。

 同時に「(配備予定地の地権者が所属する)有明海漁協との調整を加速させ、佐賀空港への配備計画が実現できるよう防衛省が努めていく」と説明した。

 政府は陸自オスプレイの佐賀空港への配備を目指しているが、地元の合意が得られず、陸自木更津駐屯地(千葉県)に「5年以内を目標」として暫定配備している。