大阪府高槻市の食品大手「明治」の工場で、アルバイト採用面接時に体重やウエスト、病歴などを「面接票」と呼ばれる独自の書面で尋ねていたことが6日、同社への取材で分かった。質問の一部は10年以上使われていた。茨木市のハローワークが昨年12月、個人情報の収集は業務に必要な範囲内で行うとした職業安定法に違反する恐れがあると指導。工場は面接票を廃止する。

 明治広報部は「身長や体重は作業着を作るため、既往歴(病歴)はアレルギーを持つ方が小麦などの原因物質に触れないようにするなど安全、健康に働いてもらうため確認していた」と説明。採用前の質問は「配慮不足だった」とした。