栃木県那須町の別荘地で東京都豊島区の女性会社員(35)の遺体が見つかった事件で、警視庁目白署捜査本部は強盗強制性交殺人と住居侵入の疑いで、保育士佐藤喜人被告(29)=豊島区、死体遺棄罪で起訴=を6日に再逮捕する方針を固めた。5日、捜査関係者への取材で分かった。女性の部屋の遺留物から佐藤被告のDNA型が検出された。

 捜査関係者によると、「金を奪うつもりで(女性宅に)侵入し、抵抗されたのでひもで首を絞め殺害した」と供述し、性的暴行も認めているという。

 佐藤被告は昨年9月24日、女性会社員宅で性的暴行をした上で殺害するなどした疑いが持たれている。