柔道日本男子の井上康生監督は5日、オンラインで取材に応じ、首都圏に緊急事態宣言が発令される見通しとなった状況について「(東京五輪)開催を前提に一つ一つ準備していくしかない。世の中のことを考えた上で、さまざまな判断をしなければいけない」と冷静に受け止めを語った。

 今年のテーマには「感謝」と「新」を掲げた。新型コロナ禍で、世界中が苦境に立つ社会情勢を踏まえ「五輪が開催された暁には、人々に元気、勇気を与えられる新たな価値を届けたい」と表情を引き締めた。

 日本女子の増地克之監督は「できる限りのことを積み重ね、東京五輪に向けて突き進んでいく」との強い信念を示した。