日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は5日、報道陣の電話取材に応じ、新型コロナウイルスに感染した横綱白鵬関の大相撲初場所(10日初日・両国国技館)出場について「難しい。それはないと思う」と語り、休場するとの見通しを示した。既に入院したという。

 白鵬関は嗅覚異常の症状で4日にPCR検査を受け、5日朝に陽性と判定された。

 芝田山部長によると、所属する宮城野部屋の全員がPCR検査を受ける。仮に陰性だった場合、同部屋の他の力士の出場について、同部長は「今のところは分からない」と話した。

 1日には荒汐部屋で集団感染が発覚。初場所出場が困難とされている。