5日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=102円台後半で取引された。

 午後5時現在は前日比02銭円安ドル高の1ドル=102円93~95銭。ユーロは03銭円高ユーロ安の1ユーロ=126円17~21銭。

 前日に約10カ月ぶりの円高ドル安水準を付けた反動で、値ごろ感の出たドルが買い戻された。東京都で5日、1200人超の新型コロナウイルス感染者が報告されると、午後は低リスク通貨とされる円が買われる場面もあった。

 米ジョージア州での連邦上院決選投票を控え、市場では「様子見の投資家も多かった」(外為ブローカー)との声があった。