【サンパウロ共同】メキシコの左派ロペスオブラドール大統領は4日、英国の裁判所が内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ被告(49)を米側に引き渡すことは認めないとの判断を言い渡したことを受け、同被告が政治亡命した場合には受け入れると記者会見で表明した。メキシコのメディアなどが報じた。

 アサンジ被告は米国で機密暴露などの罪に問われている。ロペスオブラドール氏は英裁判所の判断を「司法の勝利」と評価。「アサンジ氏はジャーナリストだ。もう一度機会が与えられるべきだ」と述べ、恩赦されるべきだとの考えを示した。