菅義偉首相は5日の自民党役員会で、新型コロナウイルス感染拡大を受けた東京都と埼玉、千葉、神奈川3県への緊急事態宣言再発令について、7日に決定する方針を表明した。「最優先はコロナ対策」と語った。発令は7日中か8日になる見通しで、期間は1カ月程度で調整している。政府は、中国や韓国など11カ国・地域との間で合意しているビジネス関係者の往来も一時停止する方向で調整に入った。

 加藤勝信官房長官は記者会見で、飲食店に使用制限を求めることができる権限を知事に付与するため、緊急事態宣言の発令に合わせて新型コロナ特措法施行令の改正を検討していると明らかにした。