「桜を見る会」夕食会費補填問題で、政治資金規正法違反(不記載)などの容疑で告発された安倍晋三前首相について、嫌疑不十分で不起訴とした東京地検特捜部の処分を不服として、告発した市民団体が4日、検察審査会に審査を申し立てた。不起訴が誤りと判断されれば再捜査となる。

 申立書は、安倍氏が事務所側の費用負担や政治資金収支報告書への不記載を認識していたはずだと指摘。検察の処分には重大な事実誤認があり、「起訴相当」と議決すべきだとしている。

 また有権者への寄付を禁じた公選法違反容疑については、捜査が全くされておらず、「不起訴不当」とすべきだとした。