「判断が遅かった」「補償をしっかりしてほしい」。4日、緊急事態宣言を東京、神奈川、千葉、埼玉に再度発令する検討を表明した政府に対し、首都圏で暮らす人からは批判や注文の声が次々に上がった。

 横浜市の横浜中華街は、道行く観光客もまばら。ランチの時間帯にもかかわらず客がいない中華料理店では、経営者の男性(50)が「緊急事態宣言を出すのは分かるが、補償をしっかりと決めてくれないと特に私たち飲食業は困る」と憤った。

 埼玉県川口市の主婦伊藤美鈴さん(32)は「正直、判断が遅かったのではないかと思う。また子どもたちが学校に行けなくなったら」と途方に暮れた表情を見せた。