三重県伊勢市の伊勢神宮は4日、正月三が日の参拝者数が計約17万人で、昨年同時期の約56万人に比べ約7割減ったと発表した。新型コロナウイルス感染拡大を受けて初詣を控えた人が多かったとみられる。

 伊勢神宮の神宮司庁によると、元日の参拝者数は約6万6千人で、昨年の4分の1程度にとどまった。