佐賀県内の高校1年生を対象にした英語の模擬試験で、問題文にイスラム教とテロリストを結び付ける表現が含まれていたことが30日、県教育委員会への取材で分かった。県教委は不適切だったとの認識を示し、教員の人権意識の向上など再発防止に取り組むとした。

 試験問題は日本人の高校生がエジプトなどを旅行した際の実体験をつづった英文を基に、教員らでつくる部会が作成した。観光客に1枚1ドルの絵はがきを買うよう迫る現地の少年に関し、高校生の父親が「(彼らは)もし稼ぐことができなかったら食べ物を求めてモスクへ行き、そしてテロリストになる」と説明する場面があった。