バドミントン女子ダブルスで2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華さん(30)が4月からU19(19歳未満)日本代表のコーチに就任することが29日、関係者の話で分かった。高橋さんは現役時代に松友美佐紀(日本ユニシス)との「タカマツ」ペアとして数多くのタイトルを獲得し、昨年8月限りで引退した。

 4月9~16日に長崎県諫早市で行われる強化合宿から始動する予定。日本協会の強化関係者は「経験豊富で金メダルを取った選手。技術はもちろん、勝つための気持ちの持っていき方などの指導にも期待している」と語った。