大相撲初場所(10日初日・両国国技館)で初の綱とりに挑む大関貴景勝は3日、都内の常盤山部屋で今年の稽古始めを行った。報道陣の電話取材に応じ「新しい年になって、気を引き締めて、また1年間頑張っていきたい」と力強く抱負を語った。

 この日は基礎運動やぶつかり稽古などでスタートした。部屋全体として先月27日に稽古を納めたが、自主的に体を動かしていたといい「後は実戦あるのみ。体はもうできているので相撲勘とか相撲の流れとかを磨いてやっていきたい」と順調に調整を進めている。

 綱とり挑戦を前に「自分としてはいつも真剣にやっている。今場所も同じように」と平常心を強調した。