シチズン時計(東京)は29日までに、社会に感動を与えた市民らを表彰する「シチズン・オブ・ザ・イヤー」の2020年度受賞者に、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの難民キャンプで暮らす子どもたちを支援した群馬県の小学生4人を選んだと発表した。

 4人は、ぐんま国際アカデミー(群馬県太田市)初等部に通う同県館林市の6年鈴木聡真君(12)と妹で4年杏さん(10)、太田市の4年一寸木大喜君(10)と弟で2年悠喜君(7)。

 難民キャンプで暮らす子どもたちへの支援のためクラウドファンディングを開始。昨年末に文房具や毛布などを送付、今後も支援を続ける。