河野太郎行政改革担当相は29日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種開始後、件数を随時公表する考えを示した。「接種した数がどれくらいなのか、きちんと国民に報告しないといけない」と述べた。接種情報を国がほぼリアルタイムで把握できる新たなシステムを活用する。

 ワクチン接種に必要だと偽り、自治体を名乗って金銭や個人情報をだまし取ろうとする不審電話の相談が消費者庁に寄せられているとして、国民に注意を呼び掛けた。