昨年12月に新潟、群馬県境の関越自動車道で、大雪により最大約2100台の車が長時間立ち往生したことを受け、東日本高速道路などは28日、新潟県内の現場付近で、ドライバーの避難誘導や支援物資配布の訓練を実施した。

 訓練は、大雪で関越道の塩沢石打IC―湯沢IC間の上り線で、1500台が立ち往生したと想定し、東日本高速新潟支社や国土交通省北陸地方整備局、新潟県など関係機関の職員約90人が参加。

 南魚沼市役所に現地本部を設置して立ち往生の情報収集や避難手段の確保を進め、ドライバーに食料や簡易トイレを配布するためスノーモービルやバギーの運用を試した。