27日正午ごろ、東京都中央区銀座のビルで「商談中に30億円相当のルビーの原石が盗まれた」と男性から110番があった。現場は規制線が張られるなど騒然となったが、販売を委託されていたこの男性と持ち主がトラブルになったとみられ、警視庁は盗難ではないと判断した。双方から事情を聴き、詳しい経緯を確認している。

 築地署によると、持ち主の女性は約1年前に男性にルビーを預けて販売を委託。その後に進展がなかったことから女性が返却を求めていたとみられ、27日に男性と面会した際にルビーを持ち帰ったという。

 現場は多くの有名ブランド店が並ぶ銀座の一角、多数の捜査車両が集結した。