【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの感染確認者が26日、世界全体で9970万人を超えた。昨秋以降に欧米のほか日本でも感染が急拡大し、ウイルスが確認されてから1年強で1億人近くが感染する事態に。日本でも2度目の緊急事態宣言が出されるなど、収束に向けた道筋は依然見えない状況が続いている。

 死者は世界全体で210万人超。感染者の急増を受けて医療機関の負担が増し、重症者への対応が追い付かなくなる悪循環も生じており、感染拡大抑制が一層求められている。